HOME子育て情報ブログママ記者ブログ森のようちえん《ピッコロ》

森のようちえん《ピッコロ》

森のようちえん《ピッコロ》

6月27日(火)

森のようちえん《ピッコロ》

 

 

北杜市須玉町にある、

保護者と保育者で自主運営されている

森のようちえん《ピッコロ》に

お邪魔してきました。

 

ピッコロに着いてすぐ

道沿いの木に子どもたちが集まって

何か採っている様子が見えました。

IMG_3240.JPG

何をしているのかな?と近づいていくと、、、

「これ食べれるよ!おいしいよ!」と

口や手が紫に染まった子どもたちが手渡してくれたのは

今旬の『桑の実』でした(^^)

IMG_3241.JPG

ただ道に落ちているものを拾っているのではありません。

子ども達自ら木に登り、

枝を揺らしたり、もいだり、

時には木の枝たたき落としたりして、、、

昔よく木登りしたな~と懐かしくも思いながら見ていましたが、

親になって見返すと、

「あぁ~危ないよ~(>_<)」とついつい心配しまいがち。

IMG_3243.JPG

ピッコロでは、【こどもを信じて待つ】ということを

大切にされています。

木登りをしているときも保護者や保育者は、

「危ないよ!」「そこはやめたほうがいいよ」

などといった言葉はかけません。

心配していないわけではなく、

「大丈夫?」と子ども達の行動や言動に

常に意識をして確認しながら見守っているようでした。

IMG_3242.JPG

桑の実をとる際に落ちてしまった葉っぱ付きの枝。

それを拾った男の子は同じ木の幹の穴にもう一度挿しました。

森のようちえん《ピッコロ》の代表である

中島久美子先生がそっと声をかけます。

先生 「どうして枝をまた木に挿したの?」

男の子「(落ちたまんまだと)踏まれちゃうから」

『拾って挿す』には意味がありました。

『踏まれちゃう』にもきっと

いろんな意味があったのでしょう。

踏まれたら、かわいそう。

踏まれたら、木が痛いかも。

踏まれたら、死んじゃうかも。

男の子が言った本当の意味は分かりませんが、

『踏まれちゃう』の言葉には

木への想いがあったようです。

 

IMG_3244.JPG

一つの行動、一言の言動に

意識を傾けることは簡単そうで難しい。

私自身も毎日時間に追われたり、

目の前のことをまず進めないとという気持ちが先に出て

こどもとじっくりゆったり過ごす時間を

つい後回しにしまいがちです。

どうやって待ってあげればいいのか?

どう声かけてあげればいいのか?

子どもの成長と共に

親もいろんな壁にぶち当たりながら一緒に成長!

ピッコロの中では、ヒントを感じる機会がたくさんある気がしました。

IMG_3254.JPG IMG_3255.JPG

自分で考えて選び、みんなで考えて学べる場。

こどもたちはみんな、キラキラと輝いていました★

IMG_3257.JPG IMG_3258.JPG

最後はみんなで今日のできごとをおはなしします。

IMG_3248.JPG IMG_3249.JPG

年長さんは、近々おこなうピッコロお泊りの準備で

食材の買い出しに朝から行っていたそうです★

ご飯のメニューからこども達で考えて、

何をどれくらい買うかなども話し合って決めたんですって(^^)

楽しそうですね~(*^-^*)

IMG_3250.JPG

一緒に行った先生方も見守っていた様子を話してくださいます。

年長さん以外の子ども達もどんなことをしたのかな?と

興味を持って耳を立てているようでした☆

 

IMG_3259.JPG

ピッコロの時間が終わった後、

この日は【子育てカフェ】がありました。

【子育てカフェ】は、

子育てについてみんなで話し合ったり、感じたりする場です。

ピッコロに通ってない親子・大人も参加できて

様々な考えや想いなど感じることができそうです。

IMG_3260.JPG

テーマは【場の見方】

子ども達に訪れるその場その場の状況を

親はどう考え、どう感じ、フォローするのか。

答えは見つからないかもしれないけど、

参加したみなさんで感じた事を共有できるのは、

今後の子育てにも生かされるものがあるような気がしました。

 

 

私自身も子育て真っ最中で

日々子どもとのかかわり方に悩み悩み悩み、、、(笑)

情報社会であるこの時代で何が正解なのかを

調べたくてネットで検索しがちですが、

本当はまず、わが子にゆっくり目を向けて

じっくりその瞬間を一緒に感じることが

一番大切で、一番のヒントがそこに隠れている気がしました。

 

 

静かな森の中で自分らしく過ごす

森のようちえん《ピッコロ》

感覚が研ぎ澄まされるような感覚に包まれました。

みなさんも一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

《ピッコロ》のみなさん、ありがとうございました。

 

森のようちえん《ピッコロ》

http://mori-piccolo.jp/

 

 

 

 

ほくとっこ元気課

ママ記者ブログ担当*ひらいで*