北杜24景

11.谷戸城趾からの田園風景と金生遺跡

谷戸城は甲斐源氏縁の城で、現在では山全体に植えられた約300本のソメイヨシノやヤエザクラが時期をずらして咲き誇る桜の名所です。 外苑を遊歩道が巡り、木々の間からは山々が、眼下には美しい田園風景が広がります。 国指定の史跡である金生遺跡は縄文時代後期から晩期にかけての遺跡で、祭祀を行った場所とされています。