HOME子育て情報ブログママ記者ブログ自然満喫!山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター

自然満喫!山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター

自然満喫!山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター

自然満喫!山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター

 

1甲斐駒 雪景色.jpg

 

気温の高低差が激しい今年の秋、

雨上がりの山を見てビックリ‼

雪⁉もう⁉まさか秋を通り越して冬⁉

でも綺麗(≧▽≦)

そんな日もありましたが、

北杜市は今まさに紅葉の秋、真最中!

 

休日はどんな所へお出かけしていますか?

身近な公園、ちょっと足を伸ばして

大きな公園、

または流行りのキャンプなど、

外遊びを満喫

されているのでしょうね~。

 

そこで今回は、外も内も八ヶ岳の自然を

堪能できる素敵な施設をご紹介します!

その施設とは!

山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンターです!

 

2ふれあいセンター駐車場より.JPG  3駐車場から上がります.JPG

 

北杜市の観光スポットの1つ清里、

清里と言えば、

清泉寮、清泉寮と言えばジャージー牛🐄

ジャージー牛と言えば、ソフトクリーム🍦

その有名なソフトクリーム売り場がある

ジャージーハットの道路を挟んだ

向かい側にあり

八ヶ岳の自然や文化について

楽しく遊びながら学べる展示や情報が

たくさんあるセンターになっています。

 

さあ中に入ってみましょう!

 

4センター入口.JPG

 

っと、ここで入館料は?とお思いでしょう。

なんと!無料でございます!

ババ記者世代は、タダってだ~い好き♡

子育て中のパパママにとっても嬉しいですよね(*^^*)

ワクワクしながら足を踏み入れてびっくり

Σ(゚Д゚)いろんなお尻のお出迎え!

「このお尻だーれだ?」の

クイズになってます。

 

5入ってお尻のお出迎え.JPG

 

もし、クレヨンしんちゃんがここに来たら、

自分のお尻を出して一緒に

並んでしまうだろうなぁ、

なんて妄想しちゃいました。(笑)

さてさてしりトークは置いといて

 

みなさんはインタープリターをご存知ですか?

自然と人との「仲人」となって自然解説を

してくれる人のことです。

今回センターを案内してくださったのが、

そのインタープリターでもある、

笑顔がとっても素敵なレンジャーの

「おかちゃん」こと岡野由美さんです!

 

6レンジャーの岡野由美さん.JPG

 

豊富な知識とわかりやすい説明、自然大好き感

たっぷりのおかちゃんです。(*^^*)

 

館内は楽しく興味をもって学べるようにと

クイズやワークなど工夫されていて、

こんなババ記者も、すっかり子供心にかえって楽しみました。

 

夜の森を体験できるコーナーや

7夜の森をのぞいてみよう.JPG  8キノコのコーナー.JPG

 

季節ごとの特別展示コーナー

 

9足跡図鑑を作ろう1.JPG  10森のクイズラリー.JPG

室内のみならず森で楽しむためのクイズラリー

 

11森のエビフライ.JPG  12森のエビフライ見本.JPG

 

森にエビフライが落ちてるよ!誰の仕業?

 

13鳥の羽って何枚.JPG  14森林浴のコーナー.JPG

 

鳥の羽って実際何枚あるの?協力してもらって数えちゃいましたコーナーもあったり

(アオゲラの羽は3836枚!)

これだけではありません!

ほんとにほんとに見所満載です!

 

外のウッドデッキに出てみると

 

15清泉寮より富士山.JPG

 

高さ日本一 富士山!

 

16北岳・間ノ岳を望む.JPG

 

そしてNo2北岳! No3間ノ岳

日本のトップ3の山が見渡せるのです!

絶景!(^^)!

 

さあ、外に出たところで、

八ヶ岳自然ふれあいセンターの超オススメ!

~森のお散歩~ガイドウォークに出かけましょう!

え?尻クイズの答えがまだ?

これは失礼しましたm(__)m

 

17お尻の答え合わせ.JPG

 

正解はコチラ。

嬉しいことに、このセンターの展示品は

触れることが出来るのです!

意外と小柄なツキノワグマくんの頭も

ナデナデ出来るなんて、

嬉しいじゃ あ~りませんか!!

 

では

レンジャーおかちゃんと森へ!

 

ガイドウォークは土日に予約制、10名まで

約1時間、そして無料!でございます。

18森の小路.JPG

 

森にひときわ大きなもみの木。

 

19立派なもみの木.JPG  

その幹から光る樹液が!

20樹液の宝石.JPG

 

日光に当たってダイヤモンドのよう。

 

21さるなし.JPG

 

さるなしというキウイフルーツに似た味の実

(美味しくて猿がみんな食べて、なくなって

しまうのでこの名前がついた、という説も)

 

22モグラ塚.JPG

 

ウッドチップに敷き詰められた歩道に土が!

誰のいたずら?モグラ塚

 

23赤松に絡まる漆.JPG

 

赤松に絡まる漆

「漆の葉は赤く紅葉してとても綺麗。

つい触ってしまうんですよね。

かぶれてしまうので気をつけてくださいね。」

 

🍄キノコは森のお掃除屋さんなんです。」

 

それだけではなく、

「歩道を歩く感覚と道を外れて歩いた時の

土の感覚の違いは?」

「葉を2つに折って匂いを嗅いでみたり、

枯れた葉の匂いを嗅いでみよう!

どうかな?」

「種類の違う木を触ってみよう。どんな感じ?」

 

時には白い紙を使って木々の影を集めたり、

鏡を使って視点を変えて森をのぞいたり、

 

まさに五感をフル活動させて自然を体感することが出来るのです!

こんなババ記者でも、所々休眠していた感性が

目覚め、リフレッシュ!!

感受性豊かな子どもであれば、もっともっと

刺激的に違いありません。

 

24森へ続く道.JPG

 

25やまねミュージアム.JPG

散策スタート地点 

やまねミュージアム前の牧草地

土・日・祝開館 10:00~16:00

入館料 北杜市の小学生は無料です!

 

これから向かう冬を思い、

さすがに冬の清里なんて歩けないよね、と

思っているパパ、ママ、

冬季休業なんてありません!

季節ごとに違う楽しみ方があるのだそう。

なんと!

冬には5層の霜柱が見れるそうですよ!

 

また、ガイドウォークではなく

自分たちで森を散策する時に活用出来る

セルフガイドシートの用意もあります。

 

26セルフガイド.JPG

 

他にも八ヶ岳の四季の自然を映像で楽しめる

視聴覚ホールがあり、特別展示ホールや

図書コーナーもあります。

 

そして今月11月に開館27周年を

迎えるということで、イベントが盛り沢山!

詳しくは直接お問合せくださいませ。

 

27センターのパンフレット.JPG

 

 

28イベント案内.jpg

 

まだまだお伝えしたいことはありますが、

一応これにて終了させていただきます。

地元にこんな素晴らしい施設があったことを

ご紹介出来て、ババ記者は嬉しい限りです。

是非、お出かけくださいね~!!

 

 

♪おまけ♪

清泉寮のファームショップ近くの森の中に

ツリーハウス発見!!

 

29窓から木が.JPG

 

30ツリーハウスの看板.JPG  31わあツリーアウスだ.JPG

 

中に入ることもできますよ~!

大興奮‼

 

32ツリーハウスでくつろぐやまね.JPG

 

散策ついでに

ツリーハウス探してみてくださいね!!

 

33やまねと富士山.JPG

 

いや~北杜市って本当に良い所ですね♡

またお会いしましょう。byやまね

 

ブログ内で気になった情報がありましたら

お気軽に下記までご連絡ください。

ネウボラ推進課 0551-42-1401

ババ記者ブログ担当 浅川

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ