HOME子育て情報ブログママ記者ブログわたしの町の助産師さん【ほくと助産院】

わたしの町の助産師さん【ほくと助産院】

わたしの町の助産師さん【ほくと助産院】

2月13日(火)
わたしの町の助産師さん【ほくと助産院】

 

 

3年前に長坂町で開院された【ほくと助産院】さんに行ってきました(*^-^*)

IMG_8983.JPG IMG_8978.JPG

場所は、日野春駅前の道(七里岩ライン)を長坂駅方面へ向かって、

旧日野春小学校の手前右側にピンクの看板が見えてきます(^^)

看板の奥には、木を基調とした建物があり

こちらの一階が助産院となっておりました(^^♪

IMG_9002.JPG IMG_8992.JPG

IMG_8991.JPG IMG_8989.JPG

吹き抜けとなっているホールから

夏場のお産のお部屋、健診やイトオテルミーを行なうお部屋、

トイレにまでこだわりが見え、

ほっとする雰囲気に包まれてる場所でした(´▽`)

IMG_8998.JPG

こちらの院長である、長愛子さんにおはなしを伺いました(^^♪

長さんは、もともと神奈川県にて助産院を開業されており

そちらで長年助産師としてお産をお手伝いし多くの赤ちゃんを取り上げてこられたそうです(´▽`)

そんな長さんと北杜市のつながりをお聞きすると、、、

ご主人とのドライブでたまたま降り立ったのが八ヶ岳の麓の地。

道の駅やよってけしに売っている地元のお野菜を見て

「すごい生命力(*'▽')」と感じられたそうです(´艸`*)

それを機に北杜市への開院を進められて3年前の春にオープンされたということでした★

まさにインスピレーション!!

そして、今までに24名の赤ちゃんがこの助産院で誕生したそうです!

 

IMG_8995.JPG

途中、長さんのブログでもご紹介されていたお手製のアップルサイダーをいただきました(*^^*)

リンゴジュースに酒粕少し入れて自然発酵させると微炭酸の健康ジュースに!!

やさしい炭酸で体と心がスッキリ~~★

 

ほくと助産院で出産を選択された方は、妊婦健診から出産、入院中、産後のケアまで

長さんが経過を見てくださり寄り添ってくださいます(´▽`)

妊婦健診もママとお腹の赤ちゃんの状態をみながら、

「こういう食事もいいよ☆」「しっかり体温めてね☆」など

その都度、その人の状態に合ったアドバイスをされているそうです。

様々な不安を抱えたママに少しでも妊婦生活を楽しんで健康に過ごしてもらって

無事に出産されることを祈って話をしてくださる長さんの姿が目に浮かびました。

妊婦健診時や陣痛時の経過途中で、イトオテルミーという温熱療法を使用して

自然治癒力に刺激を与えてスムーズなお産となるように施術もするそうです★

IMG_9006.JPG IMG_9019.JPG

それでも頼らざるを得ない場合には、しっかり連携を結んだ嘱託医療機関があり

助産院でできない健診内容時の受診や何かの時に受け入れてくれる体制を整えています。

「助産院で産んでみたいけど、病院じゃないから不安だなぁ」と思われる方も少なくないですよね。

昔は、家に産婆さんが来て自宅出産が当たり前の時代があり、

医師の力なく、ママと赤ちゃん、助産師が力を合わせて産むスタイルが主流でした。

近年は、病院で産むことが当たり前で出産時はもちろん、

その後の赤ちゃんの緊急時にもしっかり対応してくれるだろうという安心感で

選択されることも多いですよね。

私自身も、1人目の出産時はそんな理由で大きな病院を選択しました(*^^*)

助産院でも病院でもママが気持ちよく安心して、出産に挑み無事に産まれることが一番ですね♪

 

「助産院に来る人は、こだわりがある人も多いよ」と長さんがおっしゃっていました。

こんな形で出産したい!そのためには、どの施設でどんな風に産むのがいいか、、、

当たり前を当たり前と思わずに、自身の気持ちを大切に選択することも

良いお産につながるかもしれませんね(*^^*)

 

無事にほくと助産院で出産されると、

そこから母子同室での生活が始まります☆

産後すぐは、長さん手作りのお粥から徐々に回復させて

おっぱいの様子やママの身体の状態をみながら、

市内のこだわり食材を使った料理を提供しているカフェなどに

頼んでお料理を出してくださることもあるそうです(^^♪

IMG_9020.JPG

長さんは、様々なお話しを沢山聞かせてくださるとともに

人の話もじっくり聞いてくださいます(*^-^*)

明るくて元気で面白い助産師さんで、一緒にいる私たちにも笑顔があふれて

心地よい時間を過ごすことができました(≧▽≦)

そしておはなしを聞く中で、様々な気配りも感じられました★

お産が近づくと大滝湧水へ水汲みにでかけそのお水を使ってお茶を入れたり、

お手製の排毒ギョーザや野菜スープを作ってあげたりと

外見だけの寄り添いではなく、より親身になって支えてくださる存在。

 

若い世代のお産が減っている一方で、

長さんは『いのちの話』というテーマで妊娠・出産にまつわる講演会も

保育園・学校などでされているそうです(*^^*)

 

大人になるのはあっという間。なんとな~く過ごしてきた時間の中で

『いのち』について、妊娠・出産についてどれだけのことを考えただろうかと

自分自身で考えてみましたが、あんまりそんな機会なかったなぁ~と、、(;_:)

知識習得や勉強よりも、

いつか母になる。なりたい。と思える経験はこの時代にとっても必要なのではないかと

今回の取材で感じることができました(*'ω'*)

 

 

 

北杜市にも赤ちゃんを産むことができる施設があります(*^^*)

出産というビッグイベントをあなたはどのような形で迎えたいですか?

 

 

健診やお産、イトオテルミーについてなど

ほくと助産院のHPにて詳細をご覧ください(*^-^*)

ほくと助産院

 

ブログ内で気になった情報などありましたら、

お気軽に下記までご連絡くださいっ(^^♪

ほくとっこ元気課 tel:0551‐42‐1401

ママ記者ブログ担当*ひらいで*