メニューなどを読み飛ばし、本文へ移動します。
市のすがた 山梨県北杜市
トップ > 市のすがた > 市役所 > 市の組織 > 総務部 地域課ホームページ

総務部 地域課ホームページ

(ソート用番号:半角数字)

更新日 2016年12月26日印刷する
  1. ◆総務部 地域課ホームページ◆
  2. お知らせ
  3. 地域課の業務:
  4. 関連ページ:ふるさと納税制度・空き家バンク
  5. 関連ページ:消防・防災
  6. 関連ページ:行政区、地域委員会・自治会活動
  7. 関連ページ:国内国際・姉妹友好都市交流
  8. 関連ページ:NPO・ボランティア、その他
  9. 連絡先・リンク集:

◆総務部 地域課ホームページ◆

お知らせ

●「北杜ほっとメール」が新しくなります(4月1日掲載)

市では、平成20年度から地域の防災・防犯情報や生活情報などを市民のみなさんに「メール」で「携帯電話」や「パソコン」に配信するサービスを開始してきましたが、平成23年度から「新・北杜ほっとメール」に変わります。
 「新・北杜ほっとメール」配信申し込み方法等はこちらから(クリック!)

●「山梨県災害情報メール配信」を登録しませんか?(4月1日掲載)

山梨県内の希望する市町村の気象情報や土砂災害、地震情報などをメール配信する「山梨県災害情報メール配信」も登録しませんか?  「山梨県災害情報メール配信」申し込み方法等はこちらから(クリック!)

●平成23年3月24日から東海地震に関連する情報が変わります(3月8日掲載)

「東海地震観測情報」から「東海地震に関連する調査情報」への情報名称の変更、「カラーレベル」の導入、定例の判定会での調査結果の情報発表等、東海地震に関連する情報の改善を、平成23年3月24日(木)から運用開始いたします。  主な実施事項は次のとおりです。

  1. 「東海地震観測情報」を「東海地震に関連する調査情報」に変更します。
  2. カラーレベルを導入します。(情報文中に、「カラーレベル 赤」「カラーレベル 黄」「カラーレベル 青」と記載して発表します)
  3. 毎月の判定会で評価した調査結果を「東海地震に関連する調査情報(定例)」で発表します。

詳細については、気象庁ホームページをご覧ください(クリック!)。

東海地震に関連する情報が変わります

お問い合わせ先 甲府地方気象台防災業務課 TEL055-222-9101(テキスト)

●住宅用火災警報器の設置をお願いします(10月8日掲載)

 現在、住宅火災による死者が年間1,000人を超えています。
 そのため、消防法及び火災予防条例が改正され、平成23年6月1日までに既存住宅への住宅用火災警報器の設置が義務づけられています。
 罰則はありませんが、住宅用火災警報器はあなた自身はもちろん、大切な家族の尊い命を住宅火災から守るためのものです。また、火災を早期に発見することで、初期消火や通報等の行動が早まり、近隣への延焼被害も軽減します。
 1日も早い住宅用火災警報器の設置をお願いします。

住宅用火災警報器の概要

実施時期 新築住宅 平成18年6月1日から設置が義務づけ
既存住宅 平成23年6月1日までに設置が義務づけ
設置場所 寝室 住宅により他に設置が必要となる場合があります。

住宅用火災警報器Q&A

住宅用火災警報器って?
住宅用火災警報器は、火災により発生する煙を感知し、音や音声により警報を発して火災の発生を知らせてくれる機器です。
通常は感知部と警報部が一つの機器の内部に包含されていますので、機器本体を天井や壁に設置するだけで、機能を発揮します。
どこに設置すればいいの?
近年の住宅火災による死者(放火自殺者等を除く。以下同じ)の発生状況を経過別にみると、逃げ遅れが最も多く、全体の6割を占めています。(年齢別では高齢者が6割)
また、死者の発生状況を時間帯別にみると、火災件数は起きている時間帯が多い一方で、火災死者数は就寝時間帯の方が多くなっています。
つまり、就寝時間帯が、昼間に比べて人命の観点で危険性が高いと言えるのです。
このため、必要最小限で効果の高いと考えられる場所として、寝室に設置することとされました。
また、寝室が2階にある場合などでは、階段室にも設置することとされています。これは、階段室が火災による煙の集まりやすい場所であるとともに、2階などで就寝している方等にとっては、ほとんどの場合唯一の避難経路となるからです。
いつまでに設置するの?
新築住宅については平成18年6月1日からすでに義務づけられていますが、既存の住宅については、新築住宅の施工日から5年間(平成23年6月1日まで)の猶予期間があります。

お問い合わせ

北杜市役所地域課 TEL0551-42-1323 FAX0551-42-1122
峡北消防本部予防課 TEL0551-22-3311 FAX0551-22-8747

●高齢者世帯へ住宅用火災警報器を支給します(10月8日掲載)

平成23年6月1日までに既存住宅への住宅用火災警報器の設置が義務づけられています。
 市では、高齢者のみで居住する世帯に対し、住宅用火災警報器を支給し、安全・安心の住みよいまちづくりを推進していきます。

給付対象
以下の要件を全て満たす住宅に居住する世帯
  1. 北杜市の住民基本台帳及び外国人登録原票に登録された
    65歳以上の高齢者のみの世帯が居住する住宅
  2. 平成18年12月31日以前に完成し、給付対象者及びその家族が所有する住宅
  3. 火災警報器が寝室に未設置の住宅
  4. 市税の滞納がない世帯が居住する住宅
申請方法
所定の申請書に必要事項をご記入のうえ、地域課またはお近くの総合支所地域市民課まで
提出してください。
申請期限
平成23年3月31日まで
給付方法
  1. 給付申請書を受け付けた後、申請事項を審査し給付を決定します。 
  2. 1世帯に1台を給付、設置します。
  3. 設置については、地域の消防団または自主防災組織の皆さんがお宅に訪問し、
    取り付けを行います。
設置場所
寝室の天井もしくは壁とします。
実施要網
チラシ
その他
設置後の維持費用等については、申請者の負担となります。申請内容に虚偽があった場合は
給付を取りやめることもあります。

※住宅によっては、別に個人負担設置が必要となる場合があります。詳しくは地域課までお問い合わせください。

お問い合わせ

北杜市役所地域課 TEL0551-42-1323 FAX0551-42-1122

▲このページの最上部へ

地域課の業務:

地域づくり・交流担当

  1. 行政区に関すること。
  2. 地域委員会に関すること。≫地域委員会のページ
  3. 地域活性化及び再生対策に関すること。 ≫ふるさと納税制度(ふるさと応援寄附制度)
  4. 国内外の交流に関すること。 ≫国内・国際交流一覧
  5. 空き家対策に関すること。≫北杜市空き家バンク
  6. 限界集落に関すること。
  7. 二地域居住に関すること。
  8. ボランティア登録に関すること。
  9. 特区に関すること。
  10. ふるさと納税に関すること。
  11. 官学連携に関すること。
  12. 課の庶務に関すること。

消防防災担当

  1. 消防団に関すること。
  2. 防災に関すること。
  3. 水防に関すること。
  4. 防犯に関すること。
  5. 国民保護に関すること。
  6. 自衛官募集に関すること。
  7. 火薬類の使用許可に関すること。

▲このページの最上部へ

関連ページ:ふるさと納税制度・空き家バンク

関連ページ:消防・防災

関連ページ:行政区、地域委員会・自治会活動

関連ページ:国内国際・姉妹友好都市交流

関連ページ:NPO・ボランティア、その他

連絡先・リンク集:

▲このページの最上部へ

アドビのアドビリーダーダウンロードページ 外部リンクで開きます PDFファイルの閲覧には無償配布されているAdobe Reader(アドビ・リーダー)が必要です。インストールされていない場合は、アドビ社のダウンロードページからダウンロードしてください。(外部リンク、新規ウインドウで開きます)

お問い合わせ

【地域課】
〒408-0188 山梨県北杜市須玉町大豆生田 961-1
電話 0551-42-1323 ファックス 0551-42-1122
ページトップへ