HOMEほくと元気100歳NETお知らせ・イベント情報介護予防講演会

介護予防講演会

  北杜市では、介護予防・健康づくりに関する知識の普及や意識の啓発のため、毎年介護予防講演会を開催しています。市民の皆様に介護予防や健康づくりの必要性をご理解いただき、積極的に地域で活動に取り組んでいただくことを目的としています。

  ご家族、ご近所を誘って、ぜひご参加ください。

 

令和元年度介護予防講演会を開催します!

  「介護予防」を広く市民の皆さまに知っていただくために、次のとおり介護予防講演会を開催します。

今回は、「人生100歳時代到来 ~ 地域ぐるみでフレイル予防 つながりが健康をつくる ~ 」をテーマに東京大学高齢社会総合研究機構特任研究員の神谷哲朗氏を講師にお招きし、近年、健康寿命を延ばすために注目されています、「フレイル予防」と「地域とのつながり」の大切さについてご講演いただきます。

  ぜひ、ご参加ください。

 

講演会チラシ.jpg

 

開催概要

開催日時

令和元年11月23日(土)

13時30分から16時(13時受付開始)

開催場所

須玉ふれあい館 ホール

北杜市須玉町若神子521-17

定員

400名(先着順、申込不要)

参加費

無料

講師

講師写真.jpg

神谷 哲郎 氏

東京大学高齢社会総合研究機構特任研究員

実践報告

  講演会のほか、笛吹市で活動しているフレイルトレーナー・フレイルサポーターによる実践活動の報告(笛吹市は、県内で初めてフレイル予防の研究をしている東京大学高齢社会総合研究機構と提携し、フレイルトレーナー・フレイルサポーターを育成し、フレイルチェックを取り入れ予防活動を行っている)

開催チラシ

 

 

 

 

 


平成30年度介護予防講演会の様子

IMG_9038.JPG平成30年11月17日(土)

須玉ふれあい館にて

新概念 フレイル ~健康寿命のために大切なことは~

  今話題の”フレイル”研究の第一人者である東京大学高齢社会総合研究機構特任研究員 高橋 競 氏を講師に迎え、200人を超える参加がありました。

  「新概念 フレイル ~健康寿命のために大切なことは~」と題した講演では、フレイルとはなにか、フレイルチェックの体験、フレイル予防の極意などの紹介がありました。

  参加者からは、「フレイルのことが良く理解できた」「運動・栄養・口腔の大切さだけでなく、社会とのつながりを続けていくことが健康寿命を延ばすことにつながるので社会参加をしていきたい」などの声が寄せられました。
平成30年度介護予防講演会チラシ (PDF 1000KB)


 一味違う、介護予防講談会も開催しました

介護経験から学ぶ介護予防 ぴんぴんころり塾.jpg平成30年6月16日(土)須玉ふれあい館で開催。
「介護経験から学ぶ介護予防 ぴんぴんころり塾」をテーマに、女流講談師の田辺鶴瑛(たなべ かくえい)氏を講師にお招きしました。認知症の義父を在宅介護した実体験を基に語られた、笑いあり涙あり、最後にホロリとなる講談をご披露いただきました。


 平成29年度介護予防講演会の様子

平成29年度介護予防講演会の様子.jpg平成29年11月19日(日)
須玉ふれあい館にて

おいしく、楽しく、美しく食べる機能(摂食機能)の実力~長生きは唾液で決まる~

と題して、日本大学歯学部の植田耕一郎教授をお招きして開催しました。
当日は、188人の方が参加され、口腔機能や唾液の大切さをユーモアたっぷりにテンポよくお話いただき、会場には笑い声があふれていました。

平成29年度介護予防講演会チラシ (PDF 337KB)


平成28年度介護予防講演会の様子

平成28年度介護予防講演会の様子.jpg平成28年7月18日(月)
須玉ふれあい館にて

はじめよう認知症予防「認知症を予防するライフスタイルと認知症でも安心な地域づくり」

と題して、群馬大学大学院の山口晴保教授をお招きして開催しました。
当日は、235人の方が参加され、穏やかな語り口で、認知症予防だけでなく、認知症の医学的な話や日常的な対応などをわかりやすくお話いただき、自分自身の生活を振り返る機会となりました。

平成28年度介護予防講演会チラシ (PDF 2.82MB)


過去の介護予防講演会のチラシ

平成27年度介護予防講演会「コグニサイズ」チラシ (PDF 2.37MB)

平成26年度介護予防講演会「ロコモ予防」チラシ (PDF 2.52MB)

カテゴリー

ページの先頭へ