HOME子育て情報子育てナビ妊娠・出産不妊治療支援事業(こうのとり支援事業)

不妊治療支援事業(こうのとり支援事業)

北杜市こうのとり支援事業(令和2年4月から助成対象を拡充します)

北杜市では、不妊治療を行っている御夫婦に医療費の一部を補助する事業(こうのとり支援事業)を実施しています。

令和2年4月から、これまでの特定不妊治療に加えて、新たに一般不妊治療および男性不妊治療にかかる費用の助成が加わります。

なお、特定不妊治療の所得制限がなくなりました。

一般不妊治療(新規)

人工授精に要した費用が対象となります。

 

■助成対象者  

次の要件をいずれも満たした方です。

1 医療機関において不妊症と診断され、人工授精を受けた方

2 申請時に北杜市に1年以上継続して住所があり、婚姻している戸籍上のご夫婦

3 ご夫婦ともに健康保険に加入していること

4 ご夫婦ともに市税に滞納がないこと

 

■助成金額   

1年度(4月診療分から翌年3月診療分まで)につき1回、5万円上限。

       

■助成期間   

初めて申請した日の属する年度から翌々年度まで

特定不妊治療(所得制限なし)

体外授精や顕微授精に要した費用が対象となります。

特定不妊治療の一環として精巣又は精巣上体から精子を採取するための手術に要した費用が対象となります。

■助成対象者  

次の要件をいずれも満たした方です。

1 医療機関において不妊症と診断され、特定不妊治療を受けた者。

2 治療初診日に妻の年齢が43歳未満であること。

3 一般不妊治療の2~4と同じ。

 

・県事業の助成を受けることができる方はそちらを優先し、先に中北保健所に申請して下さい。

 

■助成金額   

1回の治療につき10万円を限度とする。

治療費の自己負担額から県事業により受けることのできる額を差し引いた額に2分の1を乗じて得た額

      

■助成回数  

6回までとし、治療初診日の妻の年齢が40歳以上である場合は、3回までとする。

男性不妊治療(新規)

特定不妊治療の一環として精巣又は精巣上体から精子を採取するための手術に要した費用が対象となります。

 

■助成対象者  

次の要件をいずれも満たした方です。

1  治療初診日に妻の年齢が43歳未満であること。

2  一般不妊治療の2~4と同じ。

 

・県事業の助成を受けることができる方はそちらを優先し、先に中北保健所に申請して下さい。

 

■助成金額   

1回の治療につき5万円を限度とする。

治療費の自己負担額から県事業により受けることのできる額を差し引いた額に2分の1を乗じて得た額。

      

■助成回数  

6回までとし、治療初診日の妻の年齢が40歳以上である場合は、3回までとする。

申請方法

「こうのとり支援事業治療費助成金交付申請書」に下記のものを添付し、治療が終了した日の属す

る年度内に申請してください。

1 「こうのとり支援事業受診等証明書」(特定不妊治療にあっては、県知事に提出する「不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書」の写しでも可)

2 健康保険被保険者証の写し

3 治療に係る領収書の写し

4 県助成を受けた方は県から交付される「特定治療支援事業承認通知書」の写し

 

 

※提出先:北杜市役所 福祉部 ほくとっこ元気課

           (高根町箕輪697:北杜市保健センター内)

お願いしたいこと

  • 申請は、治療終了日の属する年度内にお願いします。治療期間が次年度にかかる場合(例:3月から4月など)は、治療終了後に終了した日の属する年度で申請してください。
  • 助成金の振込先名義は、申請者と同じにしてください。

 

申請用紙はここからダウンロードして御利用ください。

ダウンロード

こうのとり様式第1・2・5号.docx (DOCX 20.1KB)

カテゴリー

お問い合わせ

ほくとっこ元気課

電話:
0551-42-1401
Fax:
0551-30-4144