HOME子育て情報食育について離乳に当たって

離乳に当たって

離乳の必要性

 離乳とは、母乳やミルクだけを飲んでいた赤ちゃんが、ママのおっぱいを卒業して、「飲む」ことから、大人と同じように他の食物を「かんで食べる」ことに慣れてゆくことです。

  • スタートを焦らないで、生後5~6ヶ月頃から始めましょう!
  • 1年をかけて、少しずつステップアップ!
  • ひとりひとりの赤ちゃんに合ったスピードで!

 

ポイント

  1. 赤ちゃんにとって理想的な栄養源である母乳、
    それに代わるミルクも赤ちゃんの成長にともなって必要な栄養が不足しがちになります。
  2. 咀嚼能力(噛む力)をつけていきます。
    乳を吸う → 飲み込む(ごっくん) → もぐもぐ → かみかみ
    食物の軟らかさ・固さの変化に適応していけるようにしていきます。
  3. 嗅覚、味覚、舌ざわりなどの感覚機能の発達を促します。
  4. いろいろな食品を食べることで、内臓の機能を発達させます。
  5. 赤ちゃんの人間性を豊かに円満に育てていくことにつながります。
    喜び、怒り、満足など豊かな心の発達も促されます。

 

離乳のGOサイン!!

 赤ちゃんは、よく観察していると離乳食スタートのサインを自分から出してくれます。

  • 授乳の間隔が一定になってきた。
  • よだれの量が多くなってきた。
  • 首のすわりがしっかりしてきて、支えてやると座れる。
  • 機嫌が良い。
  • 親が食事をしているのを目で追ったり、口をもぐもぐさせたりして、食べたそうなしぐさをする。

離乳食START!!

調理上の注意点

  • 衛生に気をつけて
    1. 手指をきれいに洗いましょう。
      • せっけんを使い、流水できれいに洗い流しましょう。
    2. よく洗って、乾いた器具・食器を使いましょう。
    3. 安全で新鮮な食品を選びましょう。
    4. 作ったら、すぐに食べさせましょう。
  • 赤ちゃんに合わせて順序よく
    1. 赤ちゃんの体の成長や消化吸収能力の発達にあわせて順序よく。
      • ドロドロの流動体 → ベトベトの半固形 → 固形
    2. 赤ちゃんの胃腸は未熟です。消化吸収能力の発達にあわせて無理のないように進めていきましょう。
  • 素材の持ち味を生かしたうす味を心がけて
    離乳食は赤ちゃんが初めて出会う大切な味です。出来るだけ手作りしてあげたいですね。
    消化吸収が未発達な赤ちゃんの味つけはごく控えめが基本です。
    塩分が濃いと内臓に負担がかかります。
    うす味は、家族の健康にもつながります。素材本来の味を大切にし、赤ちゃんに本当の美味しさを伝えてください。
  • 量より質!栄養のバランスを考えて
    よく食べる子もいれば、反対に食の細い子がいます。
    また、日によって食の進み方も違うものです。無理強いせず、赤ちゃんのペースに合わせて、ゆったりと与えましょう。どのくらいの量を食べたか、ママは気になりますが、離乳食は「量より質」。毎回の食事に次の3つのグループのものが揃うようにしましょう。

栄養の3つのグループイラスト

豆知識 ベビーフードについて

 子どもの月齢や固さのあったものを選び、与える前には一口食べて確認しましょう。

 用途に合わせて上手に選択をしましょう。

  • そのままおかずとして・・・
  • 不足しがちな鉄分の補給として・・・
  • 素材に味付けするための調味料の1つとして・・・など

 料理や原材料が偏らないように工夫しましょう。

 開封後の保存には注意して、食べ残しや作り置きは与えないことが大切です。

カテゴリー

お問い合わせ

ほくとっこ元気課

電話:
0551-42-1401
Fax:
0551-30-4144