HOME子育て情報食育について離乳完了期(12~18ヶ月頃)

離乳完了期(12~18ヶ月頃)

ぱくぱくトレーニング期

 いよいよ離乳食も終わりに近づき、だんだんと大人に近いものが食べられるようになる時期です。赤ちゃんの食べる喜びや意欲を伸ばしてあげましょう。

すすめかたのポイント

  1. 1日3回+軽食(おやつ)で1日に必要な栄養が摂れるようになります。
  2. 歯ぐきでかめる固さの目安はやわらかいミートボールのような歯ごたえです。
  3. 1歳以降は牛乳またはミルクを、1日300~400cc、コップを使って飲めるようにしていきましょう。
  4. 自分で食べる楽しみを知るために、手づかみ食べから始めてみましょう。
  5. ひとりで食べたがる時期なので、食べやすいスプーン、コップなどを用意し、食べやすい形に調理して、下手でもひとりで食べさせてあげましょう。
  6. 気に入ったものばかり食べるなど、ムラ食いや遊び食べを始める時期です。
    無理じいしたりしかったりすることは逆効果です。
    無理なく丁寧に、食品や料理の幅を広げていきましょう。
  7. 「かめない子」にならないよう「かむリズム」をこの時期に充分練習しましょう。

おやつも食事のひとつです

 1歳を迎えるころになると、運動量がグンとふえ、3回の食事だけでは栄養的に不足がちになります。おやつは、それを補うための食事のひとつです。

 おやつ=甘いお菓子、スナック菓子等と考えずに、穀類やいも類、乳製品、果物、野菜などを使って、1日1回~2回、量と期間を決めて与えましょう。

離乳後期に食べられる食品と調理方法

離乳後期に食べられる食品と調理方法
穀類
いも類
  • ごはん
    軟食90g ごはん80g
  • パン
    トースト、ロールサンド 8枚切り1枚
  • うどん・パスタ類
    細かく切って 100g
野菜
果物
(40g~50g)
  • 野菜 粗みじん切り、1口大の大きさで
  • 生野菜 みじん切りや薄切り
  • 果物 薄切りや1口大の大きさ
※野菜は緑黄色野菜を多くとりましょう
※海藻類は適宜使いましょう
たんぱく質

  • 大人と同じ調理法で 全卵1/2~2/3個

  • 魚以外にも火を通したカニ・エビ・たこ・いかを細かく切って 15~20g
  • 大豆・大豆製品
    ほとんどのもの 大人と同じ調理法で 50~55g
  • 肉類
    出来るだけ脂肪分の少ない肉を食べやすい形にして 15~20g
  • 乳製品
    ヨーグルト・粉チーズ・スティックチーズ 100g

カテゴリー

お問い合わせ

ほくとっこ元気課

電話:
0551-42-1401
Fax:
0551-30-4144