HOME子育て情報食育について離乳中期(7~8ヶ月頃)

離乳中期(7~8ヶ月頃)

もぐもぐトレーニング期

 やわらかくみじん切りしたものを、舌でつぶし、もぐもぐと口を動かして食べることができるようになることを目標とします。

すすめかたのポイント

  1. 1日2回与えます。2回食で食事のリズムをつけていきます。
  2. お母さんが指でつまんで簡単につぶせるくらいのやわらかさが、赤ちゃんが舌でつぶせるやわらかさです。
  3. いろいろな味や舌ざわりを楽しめるように食品の種類を増やしていきます。
    おじやや煮込み料理ばかりでなく、単品を調理して素材そのもののうまみを味わうことができる味覚を育てていきましょう。
  4. 2回の献立は、できるかぎり違う内容のものにして栄養のバランスを考えましょう。
    【『穀類・いも類』・『野菜・果物・海藻類』・『たんぱく質』】
    (おかゆやパンなどの主食とおかず2種類と汁物やスープを添えた献立)
  5. 家族の食事の中の薄味のものをうまく利用したり、味付け前に赤ちゃんの分だけ取っておくなど工夫をしてみましょう。
  6. 食欲にムラがあるのも、このころの特徴です。
    「食べたがる量が必要量」と、気軽な気持ちで考えましょう。

離乳中期に食べられる食品と調理方法

*調味料は極少量使えるようになります。

離乳中期に食べられる食品と調理方法
穀類
いも類
  • おかゆ
    つぶさないで食べられます。7倍がゆ~5倍がゆ 50g~80g
  • パン
    パンがゆはつぶさず、パンの形が残ったものを1/4きれ(みみは取る)
  • うどん・マカロニ
    細かく切って煮つぶす うどん1/10玉(30~40g)
  • いも類
    小さく切って煮つぶす
野菜
果物
(20g~30g)
  • 生野菜
    トマト(皮と種をとる)・きゅうり(種をとる)細かくきざむ
  • ほうれん草
    ゆでてみじん切り
  • きゃべつ・白菜
    細かく刻んで煮つぶす
  • にんじん・かぼちゃ・大根
    やわらかく煮てみじん切り
  • 果物
    すりおろすか、つぶす
  • のり
    おかゆに混ぜたり、和え物やおひたしに
  • とろろこぶ
    細かく切って汁に入れる
たんぱく質

  • 卵白も使える 卵黄1個分・全卵1/3個

  • 煮て細かくほぐす 白身か赤身の魚1/3切れ(10~15g)
  • 納豆
    みじん切りに刻み、火を通す(30~40g)

  • 鶏ささみを2度びきにするか、すりつぶす(10~15g)
  • レバー
    ペースト状にするか、やわらかくゆで細かく刻む 大さじ1
  • 乳製品
    50~70g

カテゴリー

お問い合わせ

ほくとっこ元気課

電話:
0551-42-1401
Fax:
0551-30-4144