北杜市携帯サイト


HOME暮らしの情報市長の部屋市長の活動前北杜市長 白倉政司様のご冥福をお祈り申し上げます

前北杜市長 白倉政司様のご冥福をお祈り申し上げます

前北杜市長の「白倉政司」様(享年72歳)におかれましては、令和2年5月10日に御逝去されました。

ここに謹んでお悔やみ申し上げます。

故白倉様は、昭和54年4月に山梨県議会議員に31歳の若さで当選し、以来平成16年6月まで7期25年務められ、県議会議長なども歴任されました。

その後、平成16年からは高根町長を、さらに合併後の、平成16年11月から平成28年11月まで、3期12年間、初代北杜市長として、その卓越した指導力と情熱をもって、市政のかじ取りを担ってまいりました。

「人と自然と文化が躍動する環境創造都市」を将来像に「8つの杜づくり」をスローガンに掲げ、卓越した技術と豊富な政治経験を活かし活躍されました。

市長として、「原っぱ教育」を提唱し、健康で郷土愛あふれる「北杜っ子」育成に取り組み、また、食の大切さと食を通じて家族や市民相互の絆を保つことが市民生活を豊かにするとの信念のもと「おはよう!!朝ごはん宣言」や「安全・安心 日本の台所 北杜市」を謳い、この地で育てられた農畜産物の普及啓発を積極的に行いました。

また、少子化による人口減少を危惧し、子育て支援に力を注ぎました。なかでも、平成21年度には、全国に先駆けて保育料の第2子以降完全無料化を実施し、高額な費用がかかる不妊治療に対し、市独自の「こうのとり支援制度」を創設、育児援助のための「ファミリー・サポート・センター」の開設、「子育て支援住宅」の整備、医療費の無料化対象を拡大するなど、各種支援を充実しました。

また、少子高齢化の進展及び後継者不足による耕作放棄地の解消を図るため、農業生産法人の参入を積極的に進めるとともに、企業誘致を推進するなど、産業の発展にも尽力されました。

さらに、日本でも有数の自然環境を誇る本市の素晴らしい環境を保護し後世につなぐため、環境教育の一環として、官民連携による「環境フェスタ」事業を開催し、再生利用可能エネルギー事業として、清流を生かした水力発電事業の取り組みや、日照時間を生かした太陽光発電システムを活用した実証研究を進めるなど、全国に先駆けて地球温暖化防止対策に取り組んでまいりました。

なお、「北杜市環境保全基金」を創設し、市民共有の貴重な財産である自然を保護するための基盤づくりも進めたところです。

このほか、南アルプスのユネスコエコパーク登録を契機に、本市が世界に誇る名水の地であることを謳った「水の山」宣言を行い、地元企業と協働による「水の山」プロジェクトやブランド化を推進しました。

特に、財政の健全化を1丁目1番地に掲げ、市債残高の改善を図り、芸術文化にも力を入れるなど、市民の豊かな生活確保のために尽力されてまいりました。この類い稀な行政運営は、国や県からも高い評価を受けたところです。

数えきれない施策を打ち出し、北杜市の発展に寄与された功績は多大であります。

改めて、故白倉政司様のご功績を称え、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

  令和2年5月11日

                 北杜市長 渡辺 英子

 

カテゴリー

お問い合わせ

秘書広報課

電話:
0551-42-1161
Fax:
0551-42-1127

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

※必須入力
※必須入力
※必須入力

暮らしの情報

ページの先頭へ