北杜市携帯サイト


HOME暮らしの情報生活情報税金固定資産税東日本大震災による代替家屋・土地に係る特例
HOME暮らしの情報防災・防犯防災情報東日本大震災による代替家屋・土地に係る特例

東日本大震災による代替家屋・土地に係る特例

  1. 東日本大震災による代替家屋、土地に係る特例について

東日本大震災による代替家屋、土地に係る特例について

東日本大震災にあった家屋やその敷地に代わる家屋、土地を取得した場合、固定資産税の軽減措置を受けることができます。

対象者

  1. 被災家屋または被災住宅用地の所有者
  2. 1.のものについて相続があったときにおけるその者の相続人
  3. 1.の三親等内の親族で、特例が適用される代替家屋に所有者と同居する予定である者
  4. 1.が法人の場合は、その合併法人または分割継承法人

対象要件

被災家屋並びに被災土地の対象区域は、福島第一原子力発電所から半径20km圏内になります。

家屋

  • 被災家屋
    東日本大震災により滅失、または損壊した家屋(※1)で解体撤去または売却等の処分をしたもの。
    (※1)損壊した家屋とは、家屋が著しく損傷を受け、または破壊された状態を指します。容易に修繕できるものなどの軽微なものは含みません。
  • 代替家屋
    原則として被災家屋の所有者が、被災家屋の代替として取得した家屋(被災家屋と種類が同一で使用目的または用途が同一のもので、同一家屋と市長が認めるもの)。

土地

  • 被災住宅
    前記の被災家屋の敷地で、平成23年度において住宅用地の特例を受けていた土地。原則として被災住宅用地所有者が、当該被災住宅用地の代わりとして取得した土地(市長が認めるもの)。
  • 代替土地
    原則として被災住宅用地所有者が、当該被災住宅用地の代わりとして取得した土地(市長が認めるもの)。

取得期間

平成23年3月11日から平成33年3月31日までの間に取得したもの

特例の内容

代替家屋の取得に係る特例

代替家屋に係る税額のうち、被災家屋の床面積相当分について、取得後4年度分は2分の1、その後の2年度分は3分の1が減額されます。

代替土地の取得に係る特例

代替土地に係る税額にうち、被災住宅用地の面積に相当する分について、取得後3年度分、当該土地を住宅用地とみなし、住宅用地の特例(※2)が適用されます。
(※2)小規模住宅用地(200平方メートル以下の住宅用地)の課税標準額については、価格の6分の1の額となり、一般住宅用地(小規模住宅用地以外の住宅用地)の課税標準額については、価格の3分の1の額となる特例が適用されます。

添付ファイル

カテゴリー

お問い合わせ

税務課

電話:
0551-42-1313
Fax:
0551-42-1123

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力

生活情報

ページの先頭へ