文字サイズ
背景色を選択

第1次行財政改革大綱の取組結果について

第1次行政改革大綱の取組結果について

北杜市行政改革大綱

■策定年月:平成18年3月

■改訂年月:平成18年9月

■推進期間:平成18年度~平成22年度(5箇年)

 

改訂の概要

1 改訂の必要性

  • 小淵沢町との合併により、財政規模及び職員数が大幅に増加したこと。
  • 平成17年度の取組実績により、今後の取組目標、取組スケジュールに変動が生じたこと。
  • 財政効果を明記する必要が生じたこと。
  • 職員削減計画において、平成22年4月1日現在の職員数見込みを明記する必要が生じたこと。

 

2 主な改訂内容

1)全般

  • アクションプランの目的、構成等の追加
    行革大綱と別冊になることから、プランの目的、基本的な考え方、期間、構成等を明記した。
  • 用語説明の追加
    上記と同様の理由から、用語説明を追加した。
  • 財政効果の明記
    取組目標を達成することにより期待できる財政効果を可能な限り明記した。
  • 所管部局の追加
    取組の所管部局として、秘書広報課を追加した。

 

2)実施事項

■1 財政の健全化

  • 実質公債費比率の導入
    財政状況を表す指標として、従来の起債制限比率に代え実質公債費比率を導入し、その目標を18%未満に設定した。
  • 取組目標の修正
    平成17年度実績を勘案し、水道料、下水道料現年度徴収率を96%から98%に上方修正した。

■2 施策の再構築と市民との協働

  • 取組実績の追加
    指定管理者制度の導入における平成17年度以前の実績を追加した。
  • 実施スケジュールの変更
    指定管理者制度の導入検討施設のうち、保育園及び学校給食施設の実施スケジュールを変更した。

■3 市役所の構造改革とスリム化

  • 実施スケジュールの変更
    総合支所、出張所の縮小、廃止について、実施スケジュールを変更した。
  • 取組実績の追加
    職員の削減について、平成17年度の実績を追加した。
  • 取組目標の変更
    小淵沢町との合併により職員数が変動したことにより平成22年度までの純減目標を変更した。

 また、職員削減計画の基準日を平成17年4月1日に、目標期日を平成22年4月1日に変更するとともに、それぞれの期日における職員数の実績又は見込みを明記した。

第1次行政改革大綱の取組結果について

■達成率:67.3%(達成74/110プログラム)

 

 

 

 

カテゴリー

お問い合わせ

北杜未来部 政策推進課

電話:
0551-42-1162
Fax:
0551-42-1127

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

※必須入力
※必須入力
※必須入力

市政情報