国民健康保険証および保険証兼高齢受給者証について

保険証有効期限の変更について

保険証の有効期限は毎年7月31日となります。新しい保険証は毎年7月下旬に世帯主あてに郵送します。郵送方法は、特定記録郵便です。

 

〈特定記録郵便とは〉

 郵便受箱(ポスト)投函となり、ご不在でもお受け取り可能な配達方法です。配達状況は国保年金課で確認することができます。

※お申し出により簡易書留郵便での郵送に変更することもできます。ご希望の場合は、6月末日(土日祝日除く)までに国保年金課にお問い合わせください。

保険証と高齢受給者証の一体化について

令和2年度まで、国民健康保険に加入している70歳~74歳の方には保険証と高齢受給者証が交付されていましたが、令和3年8月から「保険証兼高齢受給者証」としてひとつになりました。

医療機関等に受診をした際は、保険証兼高齢受給者証を提示することで、かかった医療費のうち、記載された自己負担割合(※)分の支払いをするだけで医療を受けることができます。

自己負担割合判定について

下記の基準に当てはまる世帯の方は、自己負担割合が3割、当てはまらない方は2割となります。なお、自己負担割合は毎年8月1日を基準日として前年所得等に応じて判定されます。

世帯内の70歳~74歳の国保加入者のうち、住民税課税所得が145万円以上の方で、

  • 世帯内の70歳~74歳の国保加入者が1人の場合は、収入が383万円以上
  • 世帯内の70歳~74歳の国保加入者が2人以上の場合は、収入合計が520万円以上

 

 

70歳になる方の保険証の有効期限について

保険証有効期限である7月31日より前に70歳になる方の保険証の有効期限は、70歳の誕生日の末日(誕生日が1日の方は前月末日)です。以降は「保険証兼高齢受給者証」が交付されます。お手元の保険証の有効期限前に「保険証兼高齢受給者証」が届くように郵送します。市役所での更新等の手続きは必要ありません。

カテゴリー

お問い合わせ

福祉保健部(福祉事務所) 国保年金課

電話:
0551-42-1339
Fax:
0551-42-2335

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

※必須入力
※必須入力
※必須入力

暮らしの情報