北杜市携帯サイト


HOME暮らしの情報ほくとの環境・教育文化財・芸術北杜市郷土資料館企画展「動物の神様」
HOME暮らしの情報トピックスイベント情報北杜市郷土資料館企画展「動物の神様」

北杜市郷土資料館企画展「動物の神様」

北杜市郷土資料館企画展「動物の神様」

夜、山道を歩く人の後をぴったりとつけてくるという≪送り犬≫。全国的に伝わるこの伝説が、北杜市各地にも存在することをご存知でしょうか。

送り犬の正体は、明治時代に絶滅したニホンオオカミではないかと考えられています。かつて人とオオカミは、同じ野山を舞台に生活していたのです。今や幻の存在となってしまったニホンオオカミですが、市内には現在も、くらしを守る神の使いとしてオオカミが存在しています。

自然豊かな北杜市には、送り犬伝説のように、動物にまつわる昔話や信仰が、数多く残っています。かつてあった、そして現在も残る動物信仰や伝説のなかから、今回の企画展では狼・馬・蛇を取り上げます。

なぜ動物は神様になったのか。現代よりも動物と人とが近しかった時代を探ります。

北杜市郷土資料館企画展「動物の神様」のチラシはこちら.pdf (PDF 4.19MB)

会期

7月13日(土曜日)から10月27日(日曜日)まで

場所

北杜市郷土資料館

開館時間

午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

観覧料

一般200円、小中学生100円

休館日

月曜日、祝日の翌日

 

 

関連イベント:ギャラリートーク

開催日

7月28日(日)、8月11日(日)、9月14日(土)、10月13日(日)午後1時30分から午後2時30分まで

場所

北杜市郷土資料館

内容

企画展の展示解説

対象

一般(申込不要)

参加費

通常の観覧料で参加可

 

関連イベント:講演会「御坂のニホンオオカミ頭骨と甲斐周辺の狼信仰」

開催日

10月6日(日)午後1時30分から3時頃まで

講師

植月学先生(帝京大学准教授)

参加費

通常の観覧料で参加可

申し込み

8月6日(火)から

問い合わせ

北杜市郷土資料館 

電話32-6498

FAX 32-6497

カテゴリー

お問い合わせ

学術課

電話:
0551-42-1375
Fax:
0551-32-6497

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力

暮らしの情報

ページの先頭へ