北杜市携帯サイト


HOME観光情報その他の情報近代五種馬術合宿 最終テスト走行!

近代五種馬術合宿 最終テスト走行!

 

東京2020大会では、開催国である日本の馬が世界中の選手たちのパートナーになります。

 

35頭の馬たちが今回の合宿で練習を重ね、そのうち2回のテストで安定して走行できる30頭が東京スタジアムに向かいます。

大会では、そのうちの8頭が補欠となり22頭が出場します。

 

最終テストが、7月26日に行われました!

 

7月26日  第2回テスト走行日  14:30 ~16:30

 

日本近代五種協会より貸与されたゼッケンをつけた馬 

 

ゼッケンも日本近代五種協会より貸与されたものでそろえ、本番の雰囲気に近いものに。

 

 

待機馬場で何頭もの馬たちがウォーミングアップしている様子

 

各乗馬クラブのコーチのアドバイスのもと、ジャンピングの最終調整をしている様子

 

試合の順番を待つ馬たちは、待機馬場でウォームアップ。

クラブのコーチによる最終チェックも抜かりない。テストに向けて、完ぺきな仕上がりに持っていく。

 

緊張感のある中、何頭もの馬たちが次から次へと飛んだり、交錯して走る様子は、1頭で走る試合とはまた違った迫力があっていつまでも見飽きない。

 

 

テスト走行本番も落ち着いて障害を飛び越える黒鹿毛の馬

 

テスト走行本番、障害をクリアして穏やかな表情の馬

 

試合は、人馬とも順調に進行し、見事なジャンピングを披露。

攻めるより落ち着いた走行の印象で、本番もどの馬が出ても乗り手とうまくコンビを組んで一緒に障害を乗り越えていけそうだ。

 

 

 

 

テスト走行を終え、厩舎に戻った馬たち 今日のテストを終え、体を洗ってもらっている馬

 

テストを終えた馬たちは、手入れをしてもらってひと段落。

馬も、どことなくやり切ったような自信にあふれた顔に見える。

 

 

テスト走行を終え、牧草地でリラックスした様子の馬 テスト走行を終え、放牧されている馬

 

テスト走行を終え、仮の馬房で手入れを待つ鹿毛と栗毛2頭の馬

 

放牧場や馬房で一休み。

 

馬のオンオフはメリハリがはっきりしているので、

かっこいい顔と穏やかな顔の二面性に引き付けられる人も多い。

 

ぜひ、試合中と試合後の両方の馬の様子も見てほしい!

 

 

 

 

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

※必須入力
※必須入力
※必須入力

暮らしの情報

ページの先頭へ