新たな価値を奏でる創造のまちづくり

本市では、毎年数百人の方が亡くなり、出生数よりも死亡者数が上回ることで、人口減少、少子化・高齢化が、一層、進むことが予想されています。
事業経営者や農地・山林所有者の高齢化も進み、後継者の確保や資産の継続活用が課題(空白(空洞))となっており、市内に生じる空白(空洞)を埋めるべく、遊休資産の発生を未然に防ぐとともに、遊休化した資産の次世代への継承を促し、新たな価値の創造につなげていく必要があります。

地域の宝を活用するには、固定観念にとらわれず、広域的な視点、企業・教育機関等との連携の可能性な どを模索し、地域課題の解決と新たな価値の創造に挑戦していくことが求められています。

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

※必須入力
※必須入力
※必須入力

暮らしの情報