北杜市携帯サイト


HOME暮らしの情報暮らしの簡単検索保険・年金後期高齢者医療制度トップページ
HOME暮らしの情報生活情報保険高齢者医療制度後期高齢者医療制度トップページ

後期高齢者医療制度トップページ

  1. 後期高齢者医療制度について
  2. 後期高齢者広域連合と市町村の役割分担
  3. 関連ページ

後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度について
運営主体 山梨県後期高齢者医療広域連合(各都道府県単位で設立)
加入制度 それまで加入していた医療保険を脱退して独立した新しい制度「後期高齢者医療制度」に加入(移行)します。 都道府県単位で設置されている「後期高齢者医療広域連合」が保険者(運営主)となりますが、窓口は今までどおり北杜市役所になります。
対象者(被保険者) 広域連合区域内に住所がある75歳以上のすべての方、または65歳以上75歳未満で寝たきり等一定の障害があり広域連合の認定を受けた方
対象となるとき 誕生日当日から
※65歳以上75歳未満で一定の障害がある方は広域連合の認定を受けたときから(要申請)
医療費の負担割合 病気やけがで医療機関にかかるときの自己負担は、一般の方は1割負担、現役並みの所得がある方は3割負担となります。※1
保険証 後期高齢者医療被保険者証が一人に1枚交付されます。7月中頃の発送予定です。
保険料 被保険者すべてが「後期高齢者医療制度」の保険料(被保険者全員が頭割りで負担する「均等割額」と被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」の合計額)を納めます。
保険料額は広域連合が決定し、徴収は北杜市が行います。
保険料は原則として年金から天引きされます。
保険給付
法的根拠 「高齢者の医療の確保に関する法律」

※1 現役並み所得とは、同一世帯に住民税の課税所得が145万円以上の後期高齢者医療の被保険者がいる方。
ただし、次に該当する方については、申請し、認定を受けると、1割負担になります。

  • 同一世帯に被保険者が1人のみの場合
    1. 被保険者本人の収入の額が383万円未満の方
    2. 被保険者本人の収入の額が383万円以上で、同一世帯の70歳以上75歳未満の方を含めた収入の合計が520万円未満の方
  • 同一世帯に被保険者が2人以上いる場合、被保険者の収入の合計が520万円未満の方

※所得について詳しく知りたい方は、本庁市民課または各総合支所地域市民課へお問い合わせください。

後期高齢者広域連合と市町村の役割分担

後期高齢者広域連合の役割

後期高齢者広域連合は都道府県単位で設置され、被保険者の認定や保険料の決定、給付の決定など制度の運営全般を行います。

市町村の役割

保険料の徴収や各種申請・届出の受付・保険証の引渡しなどの窓口業務を行います。

関連ページ

カテゴリー

お問い合わせ

市民課

電話:
0551-42-1331
Fax:
0551-42-1125

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

※必須入力
※必須入力
※必須入力

健康・福祉

ページの先頭へ