北杜市携帯サイト


HOME観光情報観光イベント北杜市稲絵アートフェスティバル
HOME観光情報北杜市稲絵アートフェスティバル北杜市稲絵アートフェスティバル

北杜市稲絵アートフェスティバル

北杜市稲絵アートフェスティバルについて 

 北杜市では、平成19年から田んぼに絵や文字を描く稲絵アートフェスティバルを観光PRの一環として取り組んでおり、関東有数の規模を誇ります。稲絵アートとは、田んぼに「うるち米」と「古代米」を植えることにより、それぞれの稲穂の色彩(4色)により、絵や文字を描きます。

 稲絵はもとより、雄大な八ヶ岳、甲斐駒ケ岳、茅ヶ岳、瑞牆山の眺望など北杜市の豊かな自然環境もぜひお楽しみください。

会場について

 北杜市高根町箕輪新町1022番地、1023番地の田んぼ

 中央自動車道須玉ICを降りて、国道141号線を長野県方向(清里方面)に進み15分

 峡北広域行政事務組合消防本部北杜消防署高根分署(北杜市高根町箕輪新町1094番地)の道向かいの田んぼが会場です。

平成28年度 会場地

稲絵は、6月下旬に見頃を迎え、色合いを変化させながら稲刈りが行われる9月中旬まで楽しむことができます。

会場北側の土手から眺めることができますので、ぜひ会場まで足を運んでみてください。

 

平成30年度の稲絵アートについて

田植え参加者募集!!


田植の様子

稲絵アートの田植え参加者を募集します!!珍しい古代米の田植えを一緒に楽しみましょう。

  • 開催日

 5月19日(土)午前9:00~午前11:45

  • 募集期間

 平成30年5月15日(火)まで

  • 募集人数

 概ね100人程度  

  • 申込み

 北杜市役所観光課(Tel:0551-42-1351)にお電話ください。

過去の稲絵アートについて

平成29年度の稲絵アートについて

平成26年度からスタートした「フクロウの親子」の三部作の最終章として、フクロウの子が成長し里帰りする様子が描かれています。

「フクロウの親子」三部作
平成26年度 平成28年度 平成29年度
平成26年度デザイン 平成28年度デザイン 平成29年度デザイン
  • 市の鳥「ふくろう」
    ふくろうは自然豊かな森林にしか住みつかないことから「森の番人」、「森林環境の象徴」とも言われており、北杜市にふさわしい市の鳥として選定されています。
  • 北杜市の夜空
    山梨はその昔、最も美しく月見ができることから「月見里・やまなし」と呼ばれてきました。それになぞらえ、澄んだ空気の中、美しい満天の星が見られる北杜市は「星見里・ほくと」と愛称されています

5月20日 古代米の田植えが行われました

 今年で8回目を迎え、総勢約50名の参加者が、深緑・黄・紫の3種の古代米の田植えを行いました。

 田植えの様子はこちらから↓↓ 

 

7月10日の様子

 稲もすくすく成長し、見頃を迎えています。ぜひ足を運んでみてみてください。

 

9月16日(稲刈り)の様子

 市内外から総勢51名が参加し、緑、黄、黒の色の異なる古代米の稲を一株ずつ鎌で刈り取っていきました。

 稲刈り終了後には、自宅でできる「もみすり」「精米」の方法を紹介する食育講座も行われ、秋の収穫の恵みを感じる一日となりました。

 

 

平成28年度の稲絵アートについて

9月10日(稲刈り)の様子

真っ青な空の下、古代米の稲刈りを行いました。
田植えから参加してくれたご家族、県外から参加してくれたご家族、たくさんの方が稲刈りを体験してくれました。
子供たちはカマを上手に使いながら、真剣な眼差しで稲を刈っていました。

7月19日の様子

梅雨もあけ、稲もすくすく成長し、見頃を迎えています。
本日は、YBSテレビ「ててて!TV」が取材に来てくれました!
撮影の模様は7月19日(火)に放送されます。

7月1日の様子(空撮)

7月1日の様子(空撮)

田植えの様子

親子づれの方や市内のスポーツ少年団の小学生たちが参加してくれました。
子供たちは泥んこになりながら声を掛け合い、田植え体験を楽しんでいました。

 

平成27年度の稲絵アートについて

平成27年度

 平成27年度は、北杜市が宣言した『世界に誇る「水の山」』のキャラクター「ミズクマ」と北杜市の豊かな自然の象徴「山、水、星空」を描いています。

7月31日の様子

YouTubeに生育状況の動画をアップしました!
空撮による雄大な景色とともにお楽しみください。→YouTubeへのリンク

7月27日の様子

梅雨も明け、いよいよ夏本場になりました。
稲絵、ひまわりも、ただいま見頃です!北杜の夏をご堪能ください。

7月10日の様子

連日続いていた雨もやみ、久しぶりの青空です。
古代米、うるち米の生育も順調ですので、ぜひ現地で稲絵アートをご覧にお越しください。

6月24日の様子

いよいよ古代米の色がはっきりし始め、見頃を迎えました。
稲刈りを行う9月下旬まで見頃が続きます。

田植えの様子

 今年は、保育園児や一般参加者の親子などに植えてもらいました。

 泥んこまみれになった子どもいたり、にぎやかな田植えでした。

 YouTubeにも田植えの様子の動画がアップされていますので、ご覧ください。→YouTubeへのリンク

 世界に誇る「水の山」については、下記のサイトをご覧ください。
http://www.mizunoyama.com/

平成26年度の稲絵アートについて

 平成26年度は、4種類の稲を使い、市の鳥である「ふくろう」の親子を描きました。

 平成26年度の状況は下記リンクをご参考に。

稲絵の風景

平成25年度の稲絵アートについて

 平成25年度の様子はこちらをご覧ください。

http://hokutokokubunsai.web.fc2.com/inae25.html

カテゴリー

お問い合わせ

観光課

電話:
0551-42-1351
Fax:
0551-42-5216

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力

観光情報

ページの先頭へ