北杜市携帯サイト


HOME観光情報その他の情報練習風景 ~後半

練習風景 ~後半

 

後半は、いよいよ最後のテスト走行に向けて仕上げていきます。

特に試合コースを意識したレッスンは、3、4日前から。

 

馬は暑さに弱いので、梅雨が明け、練習時間も朝6時台に始まり、昼前にはいったん終わります。夕方少し陽がかげった頃、再び軽く走ります。

 

  日差しが降り注ぐ馬場

 

 7月19日~

 

涼しい小淵沢でも、梅雨明けは日差しが強く砂煙が舞う夏日に。

 

土煙が舞う中レッスンをする芦毛の馬

 

炎天下で盛り上がった筋肉が光り、つやつやして見える鹿毛の馬体

 

1回目のテストも終わり、馬たちも東京2020大会のコースに合わせて仕上がってきたものの、馬が苦手な暑さも加わり、2回目のテストに向けてさらなる調整が行われる。

 

 

馬房のお隣さんで、顔を寄せ合う穏やかな表情の2頭の馬 

 

陽の強い日中は、馬たちも休憩。休憩中の馬たちは、こんなにも穏やかで可愛らしい。

緊張感ある試合に出たとき、目つきや荒い息遣い、筋肉や蹄の音など、がらりと印象が変わる。

 

基本的に障害競技に向けて経験のある馬たちなので、練習は追い込むより調整。

馬たちの体調やレッスンの状態を見て、ジャンピングの修正をしたり、運動するだけに留めたり、乗り手が担当馬に合ったレッスンメニューをこなしていく。

 

7月20日

 

クロスカントリーコースのなだらかな坂を走る馬

 

クロスカントリーコースの草原でウォーミングアップする馬

 

障害競技でも、レッスン中ジャンプばかりしているわけではない。

馬術競技場には、クロスカントリーコースがあるので、こちらを走る方も多い。

自然の牧草地なので、足場も馬場と違ったり、なだらかな坂もあり、ここを走るだけでも高負荷トレーニングになる。

何より早朝の野外コースは、馬ものびやかで気持ち良さそうに見える。

 

早朝の馬場で、ベテランと若手、馬に乗ってのんびり歩きながら会話する様子

 

ジャンピング練習の後、馬をゆっくり歩かせクールダウンさせている様子

 

馬場に入るとすぐにハードなレッスンをするのではなく、常歩で少し体をほぐしてから。

レッスン後も同じく常歩でクールダウンをする。

 

そんな時は、乗り手同士のコミュニケーションタイムになったり。

 

馬の世界は狭いので、乗り手も知り合いが多い。経験の多い先輩からアドバイスをもらえたり、情報交換もできる。

本来、群れで過ごす馬にとっても馬同士並んで歩くのは安心できるので、リラックスして綺麗に連れ立って歩いている。

 

何気なく歩いているようでも、乗り手は常に馬に合図を送っていて、コミュニケーションを取りながら徐々に馬の状態を整えていく。

 

 

7月25日

  

テストを明日に控え、1頭ずつ通しの予行走行が行われた。

 

 

 

 

最終テスト走行 を見る→

 

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

※必須入力
※必須入力
※必須入力

暮らしの情報

ページの先頭へ