北杜市携帯サイト


HOME暮らしの情報市長の部屋市長の活動【令和2年6月3日更新】北杜市内での新型コロナウイルス感染症患者発生を受けて
HOME暮らしの情報トピックスお知らせ【令和2年6月3日更新】北杜市内での新型コロナウイルス感染症患者発生を受けて

【令和2年6月3日更新】北杜市内での新型コロナウイルス感染症患者発生を受けて

 6月2日、山梨県から報道された新型コロナウイルス感染症患者については、北杜市に生活圏がある方と発表されました。

 

 これまで市民の皆さまに、大変なご不便・ご負担をお掛けし、市内の感染予防に共に頑張っていただいていることに心より感謝申し上げます。全国各地で、第2波とも思われる感染者の発生がみられています。大切なご家族や自分の命を守るため、引き続き「三密」を避ける行動や、マスクの着用、手洗いや消毒、不要不急の外出を控えていただくなど、基本的な感染防止対策をお取りいただき、各ご家庭や職場では、国が定める「新しい生活様式」を再確認してください。

 本市においては、感染予防対策を徹底したうえで、先月25日に市内小中学校を再開しました。登校する子どもたちの笑顔を見るとほっとします。少しずつですが、市民の皆さまの日常生活も戻りつつあります。一方でこうした状況になると、気も緩みがちとなります。新型コロナウイルス感染症はまだ収束しておりません。今は、第2波、第3波へも備えなければなりません。引き続き、「オール北杜」で感染予防に頑張ってまいりましょう。

 

 市内に目を向けると、市民生活や事業者には疲弊感が増しております。市内で、甚大な打撃を受けている事業者の皆さまや市民の皆さまの声をしっかりと聞くため、私自身が観光関連事業所や食品スーパーを含む小売店、病院、学校、コンビニエンスストアなど各事業者の皆さまを訪問し、現状や必要な対策について、意見交換を重ねてまいりました。

 その中では、「収入を絶たれ出口が全く見えない」「収束まで持ちこたえられない」「事業を継続できるかどうかの岐路に立っている」といった不安の声が数多く聞こえてきました。

 こうした多くの皆さまの声を伺い、また様々なご提案もいただく中で、私は、まさに今こそが、「ここを乗り切らなければ明日の北杜はない」ときであると、改めて確信をしました。そして、この確信の下に、現在の苦境を乗り越え、北杜の未来を切り開いて行くためには、「全ての北杜市民で支え合う思い切った対策を、今ここで躊躇なく、果敢に実行していくことが、最善の策である」と判断したところです。

 

 市民の暮らしや事業者の経営に元気を取り戻すことを最優先とし、市民の皆さまと小売店や飲食店、観光関係者などの事業所の皆さまが支え合いによる地域経済の循環を図るため、第2弾の「支えあい北杜 心がつながる応援プロジェクト」も進めることといたしました。

 主な事業といたしまして、「市民一人ひとりの買い物が北杜の力になる」との考えのもと、市民の買い物による市内経済の活性化を通じて、市民と事業者との「絆」から生まれる豊かさを実感できる暮らしを目指す、市民一人5万円分の「心がつながる応援券」、今後予測される感染の第2波、第3波に備えるととともに、国が推進する「新しい生活様式」への対応を通じた市民生活を応援する、一人一律3万円の「心がつながる応援金」を創設します。

 また、学校の臨時休業や保育園等の登園自粛によりご負担をおかけした子育て世帯を応援するため、「お母さん・お父さん応援給付金」を創設します。更に、家庭で子育てを頑張る世帯には、「おうちでほいく応援給付金」として上乗せもしてまいります。

 市立病院においては、昼夜を問わず、医療現場の最前線で御尽力いただいている医師・看護師等の皆様の負担軽減や、院内感染の防止、甲陽病院と塩川病院の連携を図り迅速な受け入れ態勢を確保するため、医療機器の整備等を行います。

 学校教育では、感染リスクを軽減し、子どもたちが安心して学び生活することができる環境を確保するため、トイレの改修を進めるとともに、「GIGAスクール構想」に基づき、感染症の拡大により長期休校となった場合にも、子どもたちの学びを止めない遠隔授業等が可能となる環境を整備します。

 

 本市には、合併以来16年の間、常に市民、事業者の皆様とともに力を合わせ、支え合いながら「ふるさと北杜」を築き上げてきた経験と絆があります。この経験と絆をなお一層共有しながら、北杜市全体で総力を結集し、「元気なふるさと北杜」の復活に全力で取り組んでまいりましょう。

 

令和2年6月3日

北杜市長 

渡辺英子

カテゴリー

お問い合わせ

秘書広報課

電話:
0551-42-1161
Fax:
0551-42-1127

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

※必須入力
※必須入力
※必須入力

暮らしの情報

ページの先頭へ