北杜市携帯サイト


HOME暮らしの情報健康・福祉健康づくり・相談・教育受動喫煙対策が強化されました
HOME暮らしの情報暮らしの簡単検索健康・医療受動喫煙対策が強化されました
HOME暮らしの情報生活情報衛生受動喫煙対策が強化されました
HOME暮らしの情報トピックスお知らせ受動喫煙対策が強化されました

受動喫煙対策が強化されました

受動喫煙対策が強化されました

2020年4月から健康増進法が一部改正され、受動喫煙対策が強化されました。

アクションポスター.png

 

受動喫煙とは

本人がたばこを吸っていなくても、他の人が吸っているたばこから立ちのぼる煙(副流煙)や、その人が吐き出す煙(呼出煙)を吸い込んでしまうことを「受動喫煙」と言います。

 副流煙や呼出煙のどちらにも、ニコチンやタールなどの多くの有害物質が含まれているため、他の人のたばこの煙を吸うだけで、たばこを吸っている本人と同じ病気のリスクがあります。

 

 受動喫煙によってリスクが高まる病気には肺がんや脳卒中などがあります。

年間15,000人が、受動喫煙を受けなければこれらの病気で死亡せずに済んだと推計されています。

受動喫煙による病気のリスクと受動喫煙に遭遇した場所について.png

健康増進法改正のポイント

2019年7月から、病院や学校、行政機関で原則敷地内禁煙のルールがスタートしました。そして、2020年4月からは、飲食店やオフィス・事業所などでも原則屋内禁煙となったほか、20歳未満の方の喫煙エリアへの立入禁止などの事項が加わりました。

1.「望まない受動喫煙による健康被害をなくす」ことが目的

 受動喫煙を望まない人が、屋内で受動喫煙にさらされるような状況をなくします。

2.受動喫煙による健康被害が大きい妊婦、子ども、病気の方に配慮

 20歳未満の人や病気の人が主に利用する施設や屋外について、受動喫煙対策をいっそう徹底します。

3.施設の類型・場所ごとに対策を実施

施設において、利用者の違いや受動喫煙による健康影響の程度に応じ場所ごとに異なる喫煙ルールを定め、喫煙室には標識の掲示を義務付けます。

たばこのマナーを守りましょう

・妊婦・子供・病気の方の周囲では、絶対喫煙しないようにしましょう。

・決められた喫煙場所で喫煙しましょう。

・受動喫煙をさせないような気配りをしましょう。

・加熱式たばこも注意が必要です。

リンク

カテゴリー

お問い合わせ

健康増進課

電話:
0551-42-1335
Fax:
0551-42-1125

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

※必須入力
※必須入力
※必須入力

暮らしの情報

ページの先頭へ