北杜市携帯サイト


HOME暮らしの情報健康・福祉予防接種・感染症妊婦のみなさんのインフルエンザ予防接種費用の助成をいたします

妊婦のみなさんのインフルエンザ予防接種費用の助成をいたします

 新型コロナウイルス感染症がまん延しているなか冬季を迎えることにより、季節性インフルエンザの流行も予想されることから、北杜市では、出産を控えたお母さんたちが安心して出産ができるように、インフルエンザワクチンの予防接種費用を助成することとしました。予防接種費用の助成を希望される方は、要件をご確認のうえ、申請をしてください。

助成対象者

 接種時に北杜市に住所がある妊婦

助成対象接種期間

 令和2年10月1日から令和3年1月31日まで

 ・10月1日以前の接種は対象になりません

助成金の額

 3,000円(1回限り)

 ・助成は償還払い方式になります。医療機関の窓口においては、費用を全額お支払いください。

  後日、領収書等を添付のうえ助成の申請をしてください。

 ・接種費用が3,000円未満の場合はかかった費用を助成します。

申請期限

 令和3年3月31日まで

申請方法

 申請書に必要事項を記入のうえ、添付書類を添えて窓口へ持参か郵送で申請してください。

 

 ・添付書類

 1.予防接種済証

 2.領収書の写し(予防接種を受けたことが確認できるもの)

 3.母子健康手帳の写し(ない場合は、妊娠が確認できる書類の写し)

 4.振込先口座の確認できる書類(通帳・キャッシュカードの写しなど)

 

 ・提出先

 1.健康増進課(北杜市役所本庁)

 2.ほくとっこ元気課(北杜市保健センター)

 

 ・郵送先

 〒408-0188

 北杜市須玉町大豆生田961-1

 北杜市役所健康増進課

 

 ・申請書様式 北杜市妊婦インフルエンザ予防接種費用助成金交付申請書.pdf (PDF 117KB)

接種の前によく相談しましょう

 インフルエンザ予防接種については、産婦人科のかかりつけ医とよく相談をしてください。

 

 インフルエンザ予防接種は、予防接種法に定めのない任意予防接種になります。

 ワクチンは厚生労働省で認可された国産ワクチンですが、重篤な健康被害を受けたときには、独立行政法人医薬品医療機器総合機構に基づく救済のみ受けることができます。手続きは、個人で行う必要があり、救済の対象にならない場合もあります。

インフルエンザについて

 インフルエンザは、ウイルスの感染によっておこる呼吸器感染症です。患者さんの咳やくしゃみと共にインフルエンザウイルスが空気中に漂い、手についたりして気道に感染します。典型的な症状は、発熱、頭痛、腰痛、関節痛、全身倦怠感、のどの痛みなどです。通常は1週間程度で回復しますが、肺炎、気管支炎、脳症、心筋症などの合併症が出ることがあります。日常生活の中で、うがい・手洗いをしっかり行い、栄養と睡眠を十分とることも予防のために必要な対策です。

ワクチンの効果と副反応

 インフルエンザワクチンは、発症予防ではなく重症化予防を主な目的としています。ワクチン接種を行うことにより、インフルエンザにかかりにくく、あるいはかかっても症状の重症化を抑えることができ、合併症や死亡の危険を抑えられるということです。

 ワクチン接種に伴う副反応として、注射部位の発赤・腫れ・疼痛、全身症状として発熱・悪寒・頭痛・関節痛などがありますが、通常2、3日で消失します。まれに、ショック、じんましん、呼吸困難等が現れることがあります。

予防接種を受けることができない人

  1. 明らかに発熱している人(37.5℃以上)
  2. 重い急性疾患にかかっている人
  3. インフルエンザ予防接種に含まれる成分または卵等によって、アナフィラキシーショックを起こしたことがある人(アナフィラキシーショックとは、接種後30分以内に起こるアレルギー反応のことで、顔面浮腫、全身のじんましん、呼吸困難、めまい、吐き気等の強い全身症状のこと)
  4. 過去のインフルエンザ予防接種で、接種後2日以内に発熱のあった人、及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状のあった人

予防接種後の一般的注意事項

  1. 予防接種を受けた後30分くらいは、急な副反応がおこることがあります。医師とすぐに連絡が取れるようにしておきましょう。
  2. インフルエンザワクチンの副反応の多くは、24時間以内に出現するので、この間は体調に注意しましょう。
  3. 接種当日の入浴は差し支えありませんが、注射部位をこすることはやめましょう。
  4. 接種当日は通常の生活で構いませんが、激しい運動や大量の飲酒は避けましょう。

副反応がおこった場合

 予防接種の後、まれに、副反応がおこることがあります。また、予防接種と同時に他の病気が、たまたま重なって発症することがあります。

 予防接種の後、注射部位のひどい腫れ、高熱などの症状があったら、接種医のもとで必ず診察を受けてください。

 わからない点がある時は、健康増進課までお問い合わせください。

カテゴリー

お問い合わせ

健康増進課

電話:
0551-42-1335
Fax:
0551-42-1125

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

※必須入力
※必須入力
※必須入力

健康・福祉

ページの先頭へ