HOME子育て情報子育てナビ幼児期(1歳~5歳頃)保育料・副食費の第2子以降の無料化

保育料・副食費の第2子以降の無料化

幼児期(1歳頃~5歳頃)>保育料等の負担を軽くするための支援

保育料の第2子以降の無料化

国では、小学校就学前の範囲内で、保育園、幼稚園、認定こども園等の施設を利用している子どもが2人以上いる場合、その中で最も年齢の高い子どもを第1子、次に年齢の高い子どもを第2子とカウントします。(子どもの数え方に年齢の上限を設けています。)
第1子は保育料全額負担となりますが、第2子は半額、第3子は無料となります。

 

北杜市では、子育て世帯の経済的負担の軽減を図り、子どもを安心して生み、育てやすい環境を整備するため、全国に先駆けて平成21年4月から戸籍上の第2子以降の保育料を無料にしています。(子どもの数え方の年齢の上限を設けていません。)

 

また、平成29年4月から山梨県独自の施策「やまなし子育て応援事業」として、世帯の年収が640万円未満の世帯で第2子以降の3歳未満の子どもの保育料を無料にしています。

副食費の第2子以降の無料化

幼児教育・保育の無償化制度の開始にあわせ、今まで保育料に含まれていた副食費(おかず、おやつ、ミルク代など)の実費徴収が令和元年10月から始まりました。

北杜市では、保育料の第2子以降無料化を引き続き行うため、国の制度で免除対象にならない第2子以降の子どもの副食費を免除・補助します。

国の免除制度と市の免除・補助制度

  • 国の免除制度
     次の子どもの副食費を免除します。免除のための手続きは不要です。
     (1)年収360万円未満相当世帯の子ども
     (2)第3子以降の子ども(子どもの数え方は、1号認定と2号認定で異なります。)
         1号認定は、小学校3年生以下の子どもを数えます。
         2号認定は、小学校就学前の子どもを数えます。
  • 市の免除・補助制度
     国の免除対象者以外の第2子以降の子どもの副食費を免除・補助します。(戸籍上の子どもを数えます。)
     補助額は月額上限4,500円で、これを超える費用は保護者の負担となります。
     北杜市立保育園・認定こども園に通う子どもの免除の手続きは不要です。
     上記以外の保育施設に通う子どもは補助の手続きが必要です。詳しい手続きは、以下をご覧ください。

私立保育所等給食費補助金制度について

北杜市立保育園・認定こども園以外の保育施設に通い、国の副食費徴収免除制度の対象者に該当しない第2子以降の子どもの副食費に補助金を交付します。


補助を受ける方法は、「償還払い」と「施設の代理受領」の二通りがあります。

償還払いは、保護者が保育施設へ副食費を支払い、その後保護者が北杜市へ補助申請を行い支給を受ける方法です。

施設の代理受領は、保護者は保育施設へ副食費の支払いをせずに、保育施設が北杜市へ補助申請を行い、保育施設が支給を受ける方法です。

それぞれ手続きが異なりますので、利用している保育施設にどちらの方法を選択するか確認して、必要な手続きをお願いします。

 

副食費フロー(代理受領).png

 

カテゴリー

お問い合わせ

子育て応援課

電話:
0551-42-1332
Fax:
0551-42-1125