新・行政改革大綱

幸せ実感北杜チャレンジプラン

 本市では、第3次北杜市総合計画の基本構想で示す「2030年、地域のありたい姿」を実現するため、「第3次北杜市総合計画」とその実行を下支えするための「新・行政改革大綱」の2つの重要計画を並行して策定し、「北杜チャレンジプラン」として、一体的に管理することで、統制力 及び実効性を高めてまいります。

 

■北杜チャレンジプランの考え方について
チャレンジプラン_考え方.pdf (PDF 793KB)

新・行政改革大綱

 日本は、人口減少と少子高齢化が同時進行し、社会経済情勢の低下やそれに伴う国や地方の財政難といった右肩下がりの時代を迎えており、本市においても社会保障費の増加や公共施設の老朽化などへの対応に加え、今後ますます増加する新たな行政課題への対応が困難となる厳しい状況にあります。

 一方、第3次北杜市総合計画で掲げる「2030年、地域のありたい姿」の実現に向けては、子育て・教育施策やDX、ウィズコロナ・ポストコロナ時代への転換などの主要施策に経営資源を重点的に投入し、若い力を呼び込み、人口が減少する局面においても、将来にわたり持続可能なまちを目指していく必要があります。

 現在の個々の行政サービスの水準を将来的に維持しつつ、第3次総合計画基本計画で掲げる諸施策の着実な実行を下支えするための行政改革の基本方針として、「新・行政改革大綱」を策定しました。

 

新・行政改革大綱(令和4年3月策定).pdf (PDF 5.03MB)

新・行政改革大綱(概要版_両面4P).pdf (PDF 798KB)

 

■策定月日 令和4年3月

■計画期間 令和3年度から令和7年度までの5年間(将来を見据え、より長期にわたり取り組むべき改革や計画期間終了後に財政効果の発現が見込まれる取組にも着手します。)

■基本目標  「財政健全性の維持」「効果的・効率的な行政運営」

 行革の柱1 公共施設保有量の最適化

 行革の柱2 歳入の確保・歳出の抑制

 行革の柱3 組織体制の適正化

 行革の柱4 開かれた行政運営の推進

新・行政改革大綱アクションプラン

新・行政改革大綱に掲げる行政改革の取組を着実に推進していくため、具体的な活動目標を設定したアクションプラン(行動計画)を、令和5年3月に策定しました。今後は、達成度を評価することにより適切な進捗管理を行い、効果のある行政改革を推進してまいります。

 

新・行政改革大綱AP(R5年3月策定) (PDF 2.69MB)

■策定年月 令和5年3月

■推進期間 令和4年度から令和7年度までの4年間

■ 項 目 数 46項目(再掲含む)

取組評価結果

各年度の取組に対する評価のまとめは以下のとおりです。

令和4年度

評価基準表(PDF 196KB)

行革の柱ごとの考察(PDF 363KB)

取組項目及び評価一覧(PDF 471KB)

アクションプラン取組状況及び評価(項目別)(PDF 1.26MB)

【参考】北杜市行政改革推進委員会

 行政改革推進委員会は、「北杜市行政改革推進委員会条例」に基づく市長の諮問機関であり、市長からの諮問を受け、「新・行政改革大綱」についての調査・審議を全7回行い、その結果を踏まえて答申いただきました。

 

委員会の開催状況はこちらをご覧ください。

委員会の開催状況

カテゴリー

お問い合わせ

北杜未来部 政策推進課

電話:
0551-42-1162
Fax:
0551-42-1127

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

※必須入力
※必須入力
※必須入力

市政情報