北杜市携帯サイト


HOME暮らしの情報健康・福祉健康づくり・相談・教育化学物質過敏症について
HOME暮らしの情報トピックスお知らせ化学物質過敏症について

化学物質過敏症について

 

化学物質過敏症とは?

(厚生労働省長期慢性疾患総合研究事業アレルギー研究班「化学物質過敏症 思いのほか身近な環境問題」パンフレットより引用)

 

 化学物質過敏症は過敏という名が示すように、ごく少量の物質にでも過敏に反応する点ではアレルギー疾患に似ています。最初にある程度の量の物質に曝露されると、アレルギー疾患でいう”感作”と同じ様な状態となり、二度目に同じ物質に少量でも曝露されると過敏症状を来します。時には最初に曝露された物質と二度目に曝露された物質が異なる場合もあり、これは多種化学物質過敏症と呼ばれます。

 

 一度目の曝露で身体が何に対しても過敏な状態となっているためと考えられますが、一般のアレルギー疾患の花粉症でもスギがだめな人はマツもだめ、カモガヤもブタクサもだめというのに似ているかもしれません。

 

 さらに、化学物質過敏症は、このようなアレルギー疾患様の性格だけでなく、低濃度の化学物質に反復曝露されていると体内に蓄積し慢性的な症状を来すという中毒性疾患に近い性格も兼ね備えています。

 

 化学物質過敏症は未解明の部分が多い疾患ですが、このようにアレルギー性と中毒性の両方に跨る疾患、あるいはアレルギー反応と急性・慢性中毒の症状が複雑に絡み合っている疾患であると考えています。

 

※一度侵入してきたアレルゲンをその時に体が記憶し、二度目に侵入してきた時にすぐ攻撃できるようにしておくこと

 

厚生労働省長期慢性疾患総合研究事業アレルギー研究班「化学物質過敏症 思いのほか身近な環境問題.pdf (PDF 1.21MB)

化学物質過敏症の症状とは?

症状には大きく個人差があり、性別や年齢を問いません。

 頭痛・吐き気・めまい・咳・鼻水・倦怠感・耳鳴り・動悸・息切れ等様々な症状があります。

原因になりやすいものとは?

 世の中にある全ての化学物質が対象になります。

 身近で接する化学物質としては、日常生活用品(家庭用洗剤、柔軟剤)・化粧品・香料・農薬・除草剤・家具・建築物・自動車の排気ガス等があります。

化学物質過敏症への対応

 化学物質過敏症へのご理解をお願いいたします。

 

 化学物質過敏症の原因となる柔軟剤や農薬・除草剤を使用する際にはご配慮いただき、多くの方が集う場所や屋内での会合では、香料の使用をできるだけ控えるようお願いいたします。

 

化学物資過敏症ポスター.pdf (PDF 382KB)

化学物質過敏症に関するホームページ

厚生労働省の化学物質の安全対策サイト

https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/seikatu/kagaku/index.html

国民生活センター

http://www.kokusen.go.jp/

NPO法人化学物質過敏症支援センター 

https://cssc4188cs.org/

カテゴリー

お問い合わせ

健康増進課

電話:
0551-42-1335
Fax:
0551-42-1123

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

※必須入力
※必須入力
※必須入力

暮らしの情報

ページの先頭へ