北杜市携帯サイト


HOME暮らしの情報市政情報市のプロフィール北杜市プロフィール:市章と市のシンボル(花・木・鳥・昆虫・小動物)

北杜市プロフィール:市章と市のシンボル(花・木・鳥・昆虫・小動物)

市章

デザインについて

市章

デザインの意図

 主人公である市民をモチーフに、豊かな自然を共有し、未来に向かって躍動する北杜市を市名の頭文字「北」で表現しました。

 第11回峡北地域合併協議会(平成16年3月25日)にて市章を決定しました。

 

市のシンボル(花・木・鳥・昆虫・小動物)

市の花 ひまわり 市の花ひまわり 選考理由
市の木 赤松 市の木赤松 選考理由
市の鳥 フクロウ 市の鳥フクロウ 選考理由
市の昆虫 オオムラサキ
(国蝶)
市の昆虫国蝶オオムラサキ 選考理由
市の小動物 ヤマネ
(国の天然記念物)
市の小動物ヤマネ 選考理由

市の花 ひまわり

選定理由


 北杜市は、年間2,200時間以上の日照時間があると言われ、太陽の花ひまわりは「日照時間日本一の北杜市」にふさわしく、また種子から採った油を環境に優しいBDF燃料に利用する取組みは「環境創造都市」にふさわしい。この様なことから選定する。

画像を見る。

 

明野のひまわり

市の木 赤松

選定理由


 松は縁起のよい木として、古くから日本人に馴染み深い木である。また、庭園樹としても多くの人々から親しまれている。

 北杜市は、市面積の76%を森林が占め、その内赤松林がもっとも多い(赤松林の分布面積は約6,329ヘクタール、約14%)。赤松林は冬も緑の葉を茂らせることから、若さ・不老長寿を表す木とされてきた。この様なことから市民に親しみが深い赤松を選定する。

画像を見る

市の鳥 フクロウ

選定理由


 フクロウは、古代よりネズミ等を捕獲し食べていることから農民には「益鳥」として扱われてきた。

 また、「森(杜)の賢者」と称され知恵の象徴、自然豊かな森林に住み着くことから「森の番人」森林環境の象徴とも言われ「人と自然が躍動する環境創造都市」にふさわしいため選定する。

画像を見る

市の昆虫 オオムラサキ

選定理由


 国蝶に指定され、北杜市全域に広く生息している。しかし、準絶滅危惧種に指定されており、生息条件の変化によっては絶滅の危険が増す種である。そのため、北杜市全体で保護するという観点から選定する。

画像を見る

 

オオムラサキセンター

 

北杜市こぶちさわ昆虫美術館

 

市の小動物 ヤマネ

選定理由


 国の天然記念物に指定され、北杜市全域に広く生息している。しかし、山梨県の準絶滅危惧種に指定されており、生息条件の変化によっては絶滅の危険が増す種である。そのため、北杜市全体で保護するという観点から選定する。

 北杜市では官民連携によるヤマネの保護に取り組んでいます。

カテゴリー

お問い合わせ

総務課

電話:
0551-42-1311
Fax:
0551-42-1122

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

※必須入力
※必須入力
※必須入力

市政情報

ページの先頭へ