つぼ抜き

魚の下処理 ~つぼ抜き~

魚料理をするときに、魚の内臓を取り出さないといけません。
そんなとき、包丁でさばいて取り出すこともできますが、
「つぼ抜き」という方法で綺麗に取り出すことができます。

「つぼ抜き」方法

手順1

1)虹鱒は、ぬめりがありますから、まずたっぷりの塩でもみ洗いし、ぬめりを落とします。塩でもみ洗いしたら、水で洗い流しましょう。

 

手順2

2)割り箸を割り、1本の割り箸を口から入れエラから出します。左写真の矢印の部分に割り箸の先端を刺し、肛門まで割り箸を入れます。両面同じ作業をします。

 

手順3

3)割り箸を右手でギュッと握り、左手は虹鱒をつかみます。(虹鱒のぬめりがあるならクッキングペーパーを虹鱒にまくと良い)箸を2回~3回ほどグリッとまわします。箸をゆっくり口から引き抜くと、内臓が箸にくっついてくるので、内臓が取り出せます。

 

商工・食農課の食育活動

商工・食農課アイコン

商工・食農課では、様々な食育活動をしています。
活動の内容やブログがホームページより閲覧することができます。
是非ご覧ください。

カテゴリー

お問い合わせ

商工・食農課

電話:
0551-42-1354
Fax:
0551-42-5216